インコ 治療費 払えない

インコの治療費は、軽いけがや病気であれば数千円で済みますが、腫瘍や肺炎、子宮蓄膿症手術などの場合数万円~数十万円かかる場合があります。

 

また、これは一回の治療費でかかる金額であって、入院などをすればもっとかかります。
人間とは違って保険は入っていませんから全額負担ですし、動物病院は自由診察なので病院によって料金が異なってきますので想定以上に高いと思っていたほうがいいでしょう。

 

インコの治療費平均相場

法律で明確な治療費の公表は禁止されていますが、利用者の目安にと記載している病院を平均化しまとめてみました。
※この治療費はあくまでも目安として考えてください

 

初診時 500~2000円
一般診療費 500~2000円
爪切り 300~1000円
歯切り 300~1000円
抗生剤 500~1500円
点眼薬 500~2000円
消毒 300~1000円
処方 300~1000円
入院費 1日分 2000~5000円
注射(皮下・筋肉) 1000~2000円
血管・骨髄注射(留置) 2000~3000円
便・尿検査 500~2500円
皮膚検査 500~2500円
血液検査 2000~3000円
レントゲン撮影1枚 3000~5000円
エコー 3000~5000円
心電図 3000~5000円
麻酔 3000~5000円
開腹手術 15000円~
骨折手術 8000円~
歯科 5000円~
腫瘍除去 30000円~
子宮蓄膿症手術 20000円~

 

治療費はこれだけで終わりません。
人間もそうですが、大きな病気や怪我の場合は経過をみる為に何度も病院に通いますので、100万円を超える場合もあるかもしれません。

 

慢性的な疾患なのであれば一度治ってもまた病院に行く事になりますし入院等も繰り返すので再診・入院費・投薬や処方は数ヶ月続くとおもっていたほうがいいでしょう。

 

高額な治療費を払うくらいならそのまま治療せず安静にさせたらいつか治るのでは?とか、新しいインコを買えばいいとか思うかもしれません。

 

でもよく考えてみてください。

 

あなたの飼っているインコは消耗品ですか?

 

病気になったらポイ捨てですか?

 

インコは種類によりますが寿命の長い子もいます。

 

お互いにとってかけがえのない時間のであれば、数万円は決して高くないはずです。

 

お金はいつでも取り戻す事はできますが、そのインコの命は取り戻す事ができません。
あの時、ちゃんと治療してあげればと後悔しても死んでしまってからでは遅いです。

 

後悔しないよう、しっかりと考えてあげてみてくださいね。

 

治療費が払えない時の対処法

 

動物病院の支払い方法は、

  • 現金一括払い
  • クレジットカード払い

の2種類で、クレジットカード払いは未対応の所も多くあるので現金で用意しておく事がいいでしょう。

 

現金ですぐにお金を用意できないのであれば、
親や身内・知り合いにお金を借りるか、銀行の低金利カードローンでお金を借りて支払うのがオススメです。
低金利の人気カードローンで比較 | 【カードローン比較】私のカードローン